U 地域で暮らしながら受ける支援

(2)健康づくり・介護予防への支援


040.健康づくりサポートセンター   保健福祉局健康増進課

 健康づくりに関する相談や健康教室の実施、総合健診など、市民の皆様の健康づくりを様々な側面からサポートします。

  1 健康づくりに関する相談

 栄養、運動面など健康づくりに関するアドバイスを行います。
 (午前9時〜午後5時)

  2 健康教室

 糖尿病教室、禁煙教室、歯周病予防教室(健診)、生活習慣改善教室などの各種健康教室を実施します。日時等についてはお問い合せください。

  3 総合健診

 よかドック、各種がん検診(胃がん・大腸がん・乳がん・子宮頸がん・肺がん)、骨粗しょう症検査などについて、土日祝の昼間および平日の夜間に実施します。日時等についてはお問い合せください。


  4 糖尿病の重症化予防

 食事面、運動面からの助言を行うとともに、医療機関と連携し、糖尿病の重症化予防に取り組みます。内容等についてはお問い合わせください。


  5 その他

 健康イベントの開催など、健康づくり、疾病予防に関する様々な取組みを行います。


  問い合わせ先

 福岡市中央区舞鶴2丁目5−1 あいれふ内
 福岡市健康づくりサポートセンター 電話 092−751−7778

上に戻る         HOME        西長住行政書士事務所

041. 運動から始める認知症予防教室
                保健福祉局地域包括ケア推進課

 好奇心を持って新しいことにチャレンジすることは、脳の若々しさを保つ秘訣です。認知症予防教室で、頭と体をしっかり動かして、認知症予防に取り組みましょう。

  内 容

 認知症やその予防法についての講話
 有酸素運動や頭の体操(脳トレ)など

  実施場所    各区保健福祉センター など

  実施回数    全5〜8回程度

  対象者

 65歳以上の人(介護保険サービスの利用者を除く)
 ※ お身体の状態によって参加できない場合があります。

  費 用     無料
  問い合わせ先・・・各区保健福祉センター地域保健福祉課

上に戻る         HOME        西長住行政書士事務所

042. 生き活き講座     保健福祉局地域包括ケア推進課

 専門スタッフ(保健師や健康運動指導士)が、公民館などで講座をします。身近なグループでお申込みください。

  内 容

 健康づくり・介護予防に関するテーマ
(例) 運動実技(ストレッチ、体操)、認知症予防、うつ予防、栄養バランス、お口の健康など

  実施場所    公民館や集会所など

  実施回数    平日午前10時〜午後4時の間で2時間程度(要相談)

  対象者      おおむね65歳以上の方(10〜30人程度のグループ)

  費 用      無料
  問い合わせ先・・・各区保健福祉センター地域保健福祉課

上に戻る         HOME        西長住行政書士事務所

043. 介護予防教室      保健福祉局地域包括ケア推進課

 高齢者の皆さんが介護予防に取り組むきっかけづくりの教室です。
 教室終了後も、継続して介護予防に取り組んでいただくことを目指します。

  内 容

・ 筋トレや体操など自宅でできる内容を中心とした運動実技
・ 認知症予防やロコモティブシンドローム(※)予防についての講和
・ お口の体操 など

※ ロコモティブシンドロームとは、筋肉、骨、関節といった運動器に障がいが起こり、歩行や日常生活に何らかの支障をきたしている状態をいいます。

  場所    医療機関など

  教室の回数・期間  全5回(約3カ月)

  対象者

 体力の低下などがみられる65歳以上の人(介護保険サービスの利用者を除く)
 ※ お身体の状態によって参加できない場合があります。

  費 用     無料
  問い合わせ先・・・各区保健福祉センター地域保健福祉課

上に戻る         HOME        西長住行政書士事務所

044. 訪問型介護予防事業    保健福祉局地域包括ケア推進課

 生活機能の低下などにより通所の教室への参加が困難な高齢者を対象に、保健師や健康運動指導士などが自宅を訪問し、健康づくりや介護予防について実技指導を行います。

  内 容

 保健師や運動指導士などが自宅を訪問し、運動の実技指導や栄養バランス、口腔ケアなどについてのアドバイスを行います。

  対象者

65歳以上の方で、「043.介護予防教室」などへの参加が困難な人
(介護保険サービスの利用者を除く)

  費 用      無料
  問い合わせ先・・・各いきいきセンターふくおか

             各区保健福祉センター地域保健福祉課

上に戻る         HOME        西長住行政書士事務所

045. よかドック      保健福祉局健康増進課

 よかドックとは、福岡市国民健康保険の特定健康診査・特定保健指導の愛称です。糖尿病等の生活習慣病予防のための健診で、健診結果に応じて医師、保健師、管理栄養士などによる生活習慣改善に向けた支援(保健指導)が行われます。

  健診の内容

 身体測定、血圧測定、血液検査(血糖、脂質、肝機能、貧血など)、心電図検査、尿検査など

  対象者

 40〜74歳の福岡市国民健康保険加入者
 国民健康保険以外の特定健康診査・特定保健指導については、ご加入の医療保険者へお問い合せ下さい。

・ 協会けんぽ・・・全国健康保険協会福岡支部 092−283−7621
・ その他医療保険(共済組合・組合保険など)・・・健康保険証に記載されている連絡先へ
・ 後期高齢者医療広域連合・・・092−651−3111

  費 用・・・500円

 平成29年度中に40歳(S53.4.1〜S54.3.31生れ)または50歳(S43.4.1〜S44.3.31生れ)になる人、満70歳〜74歳の人や、69歳以下で市県民税非課税世帯の人(要証明書)は無料

  利用方法

 4月15日号市政だより折込の「検診ガイド」や福岡市ホームページで受診希望場所を選び、事前に予約をしてください。健診当日は、国民健康保険証をご持参ください。

・ 実施医療機関(平日・土曜)・・・各医療機関
健康づくりサポートセンター 092−751−2806(土曜・日曜・祝日・平日夜間)
・ 各区保健福祉センター(平日)・・・集団検診予約センター
                         0120−985−902

  問い合わせ先・・・各区保険年金課、各区保健福祉センター健康課(保健所)

     よかドックご案内センター 電話711−4826
     WEB「よかドックのご案内」

上に戻る         HOME        西長住行政書士事務所

046. がん検診など
       保健福祉局健康増進課・保健予防課・口腔保健支援センター

 壮年期からの疾病の予防や健康づくり、介護予防などのためにがん検診などを実施します。

  サービスの内容

(1)各種がん検診(職場などで受診機会がない福岡市民が対象です)
 がんを早期発見し早期治療に結びつけるとともに、がんの予防を図る。

  • 子宮頸がん検診 (受診は2年度に1回)
     満20歳以上の女性
     保健福祉センター等、健康づくりサポートセンター 400円
     実施医療機関 1,200円



  • 乳がん検診 (受診は2年度に1回)
     満40歳〜49歳の女性
     保健福祉センター等、健康づくりサポートセンター 1,300円
     実施医療機関 1,500円

     満50歳以上の女性
     保健福祉センター等、健康づくりサポートセンター 1,000円
     実施医療機関 1,200円


  • 胃がん検診
     内視鏡(胃カメラ)検査 (受診は2年度に1回): 満50歳以上
     健康づくりサポートセンター、実施医療機関 1,800円

     バリウムによる胃透視(受診は1年度に1回) : 満40歳以上
     保険福祉センター等、健康づくりサポートセンター 600円
     実施医療機関 1,800円


  • 大腸がん検診(受診は1年度に1回)
     2日間採便による便潜血検査 : 満40歳以上
     保健福祉センター等、健康づくりサポートセンター 500円
     実施医療機関 500円



  • 前立腺がん検診 (受診は1年度に1回)
     満55歳以上の男性  実施医療機関  1,000円


  • 肺がん検診 (受診は1年度に1回)
     胸部X線撮影 : 満40歳〜64歳  500円
     保健福祉センター等、健康づくりサポートセンター

     胸部X線撮影と喀痰細胞診検査
       : 満50歳〜64歳のハイリスク者 1,200円
     保健福祉センター等、健康づくりサポートセンター
     

  • 結核・肺がん検診 (受診は1年度に1回)
     胸部X線撮影 : 満65歳以上  無料
     保健福祉センター等、健康づくりサポートセンター

     胸部X線撮影と喀痰細胞診検査
         : 満65歳以上のハイリスク者 700円
     保健福祉センター等、健康づくりサポートセンター



その他の健康診査など

(2)B型・C型肝炎ウイルス検査
 感染を早期発見することにより、早期治療に結びつけるとともに、肝硬変、肝がんの予防を図る。
 (各区保健福祉センター、実施医療機関)

  • 満20歳以上の市民
    (過去に肝炎ウイルス検査を受けたことがある方を除く)・・・無料


(3)骨粗しょう症検査
 骨量減少を早期に発見し、骨粗しょう症の予防を図る。
 (各区保健福祉センター、健康づくりサーポートセンター)

      
  • 満40歳以上の市民 ・・・ 500円


(4)歯科節目健診
 歯周疾患を早期発見し早期治療に結びつけるとともに、歯周疾患の予防を図る。
 (実施歯科医療機関)

  • 満35・40・50・60・70歳の市民・・・700円

次の人は費用(自己負担金)が免除されます(提出書類が必要です)。

・満70歳以上の人(年齢が確認できる書類)
・70歳未満で後期高齢者医療に加入している人(後期高齢者医療被保険者証)
・生活保護受給世帯等の人(生活保護受給証明書)
・中国残留邦人などで支援給付を受給している人(中国残留邦人等自立支援法等に基づく支援給付のための本人確認証の写し)
・市県民税非課税世帯の人(健康診査用非課税証明書)

  利用方法

 それぞれの実施機関にお申込みください。ほとんどの検診が予約が必要です。

  問い合わせ先 ・・・ 福岡市の案内ページ(医療機関など)

               各区保健福祉センター健康課

上に戻る         HOME        西長住行政書士事務所

047. 高齢者インフルエンザ予防接種
                保健福祉局保健予防課

 予防接種法に基づき、個人の発病予防・重症化防止を主な目的として、希望する高齢者に対しインフルエンザの予防接種を実施します。

  内 容

 一部個人負担で、公費によるインフルエンザ予防接種が、10月から1月までの間に1回受けられます。

  対象者

福岡市に住民票(外国人を含む)があり、

  • (1)65歳以上の人。
  • (2)60歳以上65歳未満で、心臓、じん臓もしくは呼吸器の機能またはヒト免疫不全ウイルスによる免疫機能の障がい(身体障害者手帳1級相当)を有する人。

  費用(自己負担)・・・1,500円 (医療機関でお支払い下さい。)

※ 減免対象者・・・生活保護受給者、中国残留邦人等支援法に基づく支援給付の支給決定を受けている人、または市県民税非課税世帯の人。

  利用方法

 福岡市が指定した医療機関(「予防接種(高齢者用)実施医療機関」のステッカーを表示している。)または、福岡県内の予防接種広域化実施協力を承諾した医療機関(「福岡県定期予防接種広域化実施医療機関」のステッカーを表示している。)に次の証明書類を持参してください。

  • 住所・年齢などの確認のため「介護保険被保険者証」、「健康保険被保険者証」、「運転免許証」のいずれか1つをご提示ください。

  • 上記「対象者」の(2)に該当する人は、「身体障害者手帳の写し」、または医師による「診断書」を提出して下さい。

  • 費用の個人負担の減免対象者は、「介護保険納入通知書の写し(所得段階区分に第一、第二または第三所得段階の記載があるもの)」、または「保護受給証明書」、「中国残留邦人等支援法に基づく本人確認証の写し」、「市県民税非課税証明書(高齢者予防接種用)」などを提出して下さい。

※ ご本人が希望する場合のみ接種を行います。(家族などの同意があっても本人の意思確認ができない場合は、予防接種法に基づかない任意接種となり全額個人負担となります。)
※ 当日の体調などにより、接種できないことがあります。

  問い合わせ先・・・ 各区保健福祉センター健康課

           福岡市の案内ページ

上に戻る         HOME        西長住行政書士事務所

048. 高齢者肺炎球菌予防接種  保健福祉局保健予防課

 予防接種法に基づき、個人の発病予防・重症化防止を主な目的として、希望する高齢者に対し、肺炎球菌の予防接種を実施します。

  内 容

 一部個人負担で公費による肺炎球菌予防接種が、4月から3月までの間に1回受けられます。

  対象者(平成30年度)

 福岡市内に住民票(外国人を含む)がある、
(1)平成30年度中に下記に示す年齢に達する人
   65歳(昭和28年4月2日生〜昭和29年4月1日生)
   70歳(昭和23年4月2日生〜昭和24年4月1日生)
   75歳(昭和18年4月2日生〜昭和19年4月1日生)
   80歳(昭和13年4月2日生〜昭和14年4月1日生)
   85歳(昭和 8年4月2日生〜昭和 9年4月1日生)
   90歳(昭和 3年4月2日生〜昭和 4年4月1日生)
   95歳(大正12年4月2日生〜大正13年4月1日生)
  100歳(大正 7年4月2日生〜大正 8年4月1日生)
(2)60歳以上65歳未満で心臓、じん臓もしくは呼吸器の機能またはヒト免疫不全ウイルスによる免疫機能の障がい(身体障害者手帳1級相当)を有する人。
 ただし、過去に肺炎球菌予防接種の接種歴がある人は対象となりません。

※ ご本人が希望する場合のみ接種を行います。(家族などの同意があっても本人の意思確認ができない場合は、予防接種法に基づかない任意接種となり全額個人負担となります。)
※ 当日の体調などにより、接種できないことがあります。

  費用(自己負担)・・・4,200円(医療機関でお支払いください)

 減免対象者:生活保護受給者、中国残留邦人等支援法に基づく支援給付の支給決定を受けている人、または市県民税非課税世帯の人

  利用方法など

高齢者肺炎球菌予防接種 30年度の実施について

  問い合わせ先・・・各区保健福祉センター健康課

上に戻る         HOME        西長住行政書士事務所

049. 健康手帳     保健福祉局健康増進課


  削 除

  問い合わせ先・・・各区保健福祉センター健康課

上に戻る         HOME        西長住行政書士事務所

050.はりきゅう費助成制度    

 医師の同意を必要とする給付とは別に、健康増進を目的として福岡市が独自に実施している制度です。

  対象者

 福岡市国民健康保険被保険者の方、もしくは福岡県後期高齢者医療被保険者で福岡市に居住する方(被保険者証の住所が福岡市)。

  自己負担金額

一人につき、1日1回、月8回まで
自己負担金額・・・施術1回につき1,000円(1日1回まで)

  助成の対象

はり・きゅう・電気針・電気温灸器
※ あんま、マッサージは対象になりません。

  受療証の交付

 区役所窓口に備え付けの「はりきゅう受療証交付申請書」に被保険者証(又は資格証明書)を添えて申請してください。
※ 年度の途中で国保から後期高齢者医療へ移行する場合も申請が必要です。

 「はりきゅう受療証」は施術所に預けず、必ずご自身で管理してください。施術を受けた後は、そのつど持ち帰りましょう。

  利用できる施術所

 本市が指定しているはりきゅう施術所一覧
 (社)福岡市鍼灸師会 電話 092−461−2745

  問い合わせ先 ・・・  区・出張所の保険年金担当課



上に戻る | HOME | 次のページへ >>               |西長住行政書士事務所

inserted by FC2 system